日本映像翻訳アカデミー

MASC × JVTA バリアフリー視聴用 音声ガイド&字幕ライター養成講座

バリアフリー視聴用 音声ガイド&字幕ライター養成講座 講師紹介 カリキュラム

映画やドラマが大好きで映像のバリアフリー化に携わりたいという方へ
「即戦力」を養成するための講座です


本講座は、聴覚障害者用字幕と視覚障害者用音声ガイドの作成スキルを学ぶコースです。

2014年の障害者権利条約の批准や2016年の障害者差別解消法の施行などにより、日本では今まで以上に「映像のバリアフリー化」に対する意識が高まっています。地上波テレビ放送のほか、劇場公開映画やインターネット配信動画などでも、字幕や音声ガイドが付いたコンテンツがどんどん増えています。この勢いが今後ますます加速していくことでしょう。

映画館から家庭まで、映像コンテンツのバリアフリー化に取り組むNPO法人、メディア・アクセス・サポートセンター(MASC)が作り上げてきたノウハウと、20年以上も映像翻訳者の育成を続けてきた日本映像翻訳アカデミー(JVTA)の知識を活かして作られたカリキュラムで、受講生のプロ化を徹底的にサポートします。講座修了後には制作実務に関わるチャンスが多く用意されています。

映像翻訳者としてのスキルを活かしたいという方ももちろん、大歓迎です。


● バリアフリー無料説明会

講座を受講するしないに関わらず、すべての映像翻訳者に役立つヒントが満載。業界の現状や将来性、講義の概要を具体的に直接確認できる貴重な機会ですので、興味のある方はぜひご参加ください。

※2017年4月期は土曜昼クラスです。

字幕講座を4月15日(土)から、音声ガイド講座を2017年7月15日から開講します。
▶ 無料説明会のお申し込みはこちら

● コースのポイント

☆修了後すぐに仕事のチャンス
多チャンネル化、デジタル化により、現在需要が急増しています。同コースは実績に基づいたカリキュラムにより、即戦力となるべく人材の輩出を目指しており、修了生は現在、ディレクター、字幕ライター、音声ガイドディスクライバーとして活躍しています。修了後、優秀者は当校から仕事の発注を受けられます。

☆NPO法人、MASCが作り上げてきたノウハウを徹底的に伝授
視覚障害者用音声ガイド・聴覚障害者用字幕制作におけるプロフェッショナルになるべく、専門的知識を1から学びます。音声ガイドの講義では場面転換と登場人物の紹介の仕方、情景描写、台詞とのコンビネーションなどを学んでいきます。字幕の講義では話者名の表記における配慮や台詞以外の音情報の伝え方の演習など実践的なスキルを習得することができます。

☆ライフスタイルに合わせて短期間でプロのスキルを学べる
視聴覚障害者用音声ガイドと、聴覚障害者用字幕の両方のスキルを6カ月という短期間で学べます。どちらかのスキルのみを受講することも可能なので、最短なら約2カ月でプロの手法を身につけることができます。

字幕のみ(全12回)
音声ガイド(全9回)
音声ガイドと字幕の両方(全21回)

☆独自に開発されたソフト「おこ助Pro3」を導入した実践的な講義
字幕講座では、音声ガイド・字幕制作ソフト「おこ助Pro3」を授業に導入します。授業を通して、プロと同じ環境で学び、必要な技術を習得できます。
※受講中は無料で貸し出します。

※「おこ助Pro3」とは
メディアの再生からテキスト・タイミングの入力・表示まで字幕起こしをサポートするほか、音声ガイドの原稿作成など視覚障害者用音声ガイド制作をバックアップするソフト。映像メディアのバリアフリー化に要する多くの作業工程をより手軽にすることを目的としてMASCが独自に開発した。

● コース名

MASC×JVTA バリアフリー視聴用 音声ガイド&字幕ライター養成講座

● 曜日・時間

   土曜 13:30~16:00(期により曜日・時間の変更あり)

● 回数・受講期間

字幕のみ(全12回)
音声ガイドのみ(全9回)
音声ガイド&字幕(全21回)

● 開講時期

2017年4月から土曜昼クラスで字幕講座を開講します。


▶ 無料説明会のお申し込みはこちら



※お問い合わせ、お申し込みは
お名前、ご連絡先(お電話番号、メールアドレス)、当校での受講歴、翻訳歴などを明記の上
こちらへ barrierfree@jvtacademy.com

● 受講資格

  • ◆日本映像翻訳アカデミーの受講生・修了生はどなたでも受講できます。

    ◆日本映像翻訳アカデミーの受講生・修了生以外の方は、以下の条件をすべて満たす必要があります。
     ・パソコンをお持ちの方(ノートブック、デスクトップは問わず。ただしiPad、タブレットPCは不可)
    ・最低限のパソコン操作スキルを有している方
    (メールの送受信、Microsft Exel/Wordのファイル作成及び基本的な操作、Web検索など)
    ・インターネットに接続できる環境が整っている方(Wi-Fi、有線問わず)
    ・フリーランスの立場で制作に関わることのできる方

    ※上記のほか、字幕講座を受講希望の方は、講座内で使用する「おこ助Pro3」(受講期間中は無償貸与〕がWinsows対応のみのため、「WindowsPCを有している」または「開講までに導入の意思があること」が受講条件です。

  • ※講座選択に関してご不明な点がある方はお気軽にお問い合わせください。
      TEL:03-3517-5002

    ● 受講料

    ◆字幕を単独で受講する場合
    全12回
    支払 入学金 受講料 実費 分割手数料 合 計
    一括 ¥10,800 ¥67,500 ¥8,910 - ¥87,210
    分割 ¥10,800 ¥67,500 ¥8,910 ¥3,240 ¥90,450

    ◆音声ガイドを単独で受講する場合
    全9回
    支払 入学金 受講料 実費 分割手数料 合 計
    一括 ¥10,800 ¥43,740 ¥8,910 - ¥63,450
    分割 ¥10,800 ¥43,740 ¥8,910 ¥3,240 ¥66,690
    ◆音声ガイド、字幕ライターを、共に受講する場合
    全21回
    支払 入学金 受講料 実費 分割手数料 合 計
    一括 ¥10,800 ¥111,240 ¥17,820 - ¥139,860
    分割 ¥10,800 ¥111,240 ¥17,820 ¥7,560 ¥147,420
    通学コースの現受講生、修了生は、入学金不要です。ただし、映像翻訳Web講座の受講生・修了生は、入学金が必要となります。
    レジュメ、テキスト以外に必要となる教材(DVD、Blu-ray、CD-ROMや冊子など)、および課外講座、セミナーなどへの参加費用は、上記納入金以外の自己負担となります。
    入学金・受講料は、原則として申し込み講座開講日の2週間前に、受講者ご本人から入学辞退の事情説明を受けることで、全額(振込み手数料を除く)の返済に応じる「事前解約・返金制度」があります。お気軽にご相談下さい。なお、開講日の2週間前を過ぎますと「入学確定」となり、原則として解約・返金に応じられません。次期コースへの振り替え制度などでのみの変更となりますのでご了承下さい。
    受講申込書の提出後、1週間以内に受講料をお振り込み下さい。申込書の有効期間は1週間です。なお、お振込が遅れる場合は必ずご連絡下さい。ご連絡がない場合はキャンセルとみなし、申込書が無効となりますのでくれぐれもご注意下さい。

    ● 受講お申し込み

    1)「無料説明会」に参加(必須)
            ↓
    2)クラスの空き状況を電話(03-3517-5002)で確認
            ↓
    3)受講申込書を提出(下記いずれかの方法でご提出ください)
    ・ 学校へ直接手渡しで提出
    ・ FAX:03-3272-5057
    ※ファックスの場合は、必ず申込書の受信を電話で確認
            ↓
    4)受講料をお振込み、またはクレジットカード決済でお支払い
            ↓
    5)入金を確認した時点でお申し込み完了となります
    ※その後、必要書類を郵送します

    ● お支払方法

    受講料のお支払いについてはこちらをご覧ください。

    ★映像のバリアフリー化に関する様々な取材記事を紹介しています。ぜひご覧ください!

    ◆バリアフリー映画鑑賞推進団体シティ・ライツ代表 平塚千穂子さんのメッセージ◆
    「音声ガイドディスクライバーのプロ養成講座ができるなんて夢のよう!」

    ◆日本映像翻訳アカデミー代表 新楽直樹のコラム コトバはヒカリ◆
    外国語がわからない人のための映像翻訳者、視力に障害のある人のための音声ガイド制作者。コトバでヒカリを与えるという共通点をもつ両者は、良き友であり、良きライバルであるべきです。

    ◆修了生の活躍◆
    ■バリアフリー講座修了生、安田陽介さんインタビュー「仕事の幅が広がりました!」 
    ■バリアフリー講座修了生、安田陽介さん◆トライアル対策にもおすすめ QCやバリアフリー字幕の仕事とは? 
    ■バリアフリー講座修了後2週間 新人ライターのデビューに1日密着!
    ■コントにもバリアフリー字幕 みんなで一緒に笑おう!
    ■『シンプル・シモン』で、すべての人に映画の面白さを伝えたい!
    ■音声ガイド(解説放送)収録現場レポート
    ■第1期修了生座談会 講義で何を学び、どんな実務に携わっているのか?
    ■講義修了後1カ月でデビュー“映像をバリアフリー化するプロ”へ
    ■バリアフリー字幕には映像翻訳のスキルを存分に生かせる
    ■修了生が舞台を音声ガイド付きで上演 宮澤賢治とヘヴィ・メタルが融合
    ■音声ガイド付き舞台が大盛況 視覚障害者からも称賛の声
    ■JVTA修了生が取り組む舞台公演のバリアフリー化とは?
    ■映像翻訳のスキルを活かし“映像をバリアフリー化するプロ”としてデビュー
    ■JVTAが日本語字幕を担当 DVD『サンドウィッチマン ライブツアー2015』が発売
    ■ラグビーワールドカップ2015の試合に生字幕をつけました

    ◆映像のバリアフリー化の現状についてさまざまな方にお話を聞きました。◆
    ■日本初「東京ろう映画祭」が4月に開催 ろう者のディレクターが語る映画への熱い思い
    ■『この世界の片隅に』を音声ガイド付きで観よう!
    ■音声ガイド講座 視覚障害者を迎えたモニター検討会を講義に導入しています
    ■2016年9月1日(木)、日本初のユニバーサルシアターがオープン!
    ■Netflixオリジナルドラマ『火花』を音声ガイドや日本語字幕付きで見よう!
    ■字幕付きCM を知っていますか? 花王に聞く字幕づくりの難しさ
    ■ビオレママは5人いる?! 花王に聞く字幕付きCMの楽しみ方
    ■音声ガイドって何? テレビでも聴ける?!
    ■『海街diary』は音声ガイド付きで見よう!  広瀬すずさんの案内が好評
    ■「聴覚障害者向け字幕をつけるチャレンジはカッコいい」
    サンドウィッチマン・伊達みきおさん 独占インタビュー

    ■目の不自由な人たちにも“仮装大賞”の面白さを“言葉”で伝えたい
    ■いよいよ6月14日City Lights映画祭 視覚障害者の声を聞くモニター検討会をレポート
    ■聴覚障害者の声を聞くモニター検討会をレポート
    ■バリアフリー上映について戸田恵子さんに聞いてみました!
    ■バリアフリー字幕の現状と今後を知る 聴覚障害者が本当に求める字幕とは?
    ■最新機器&アプリも続々! 映画鑑賞に革命をおこす“新たなヒカリ”<機器編>
    ■最新機器&アプリも続々! 映画鑑賞に革命をおこす“新たなヒカリ”<劇場編>
    ■映像翻訳のスキルを活かして社会貢献 バリアフリー字幕って何?

    ◆バリアフリー事業部 浅野一郎チーフ・ディレクターのコラム◆
    ■【浅野一郎の「映像のバリアフリー化」ってどういうこと?】
    ■嵐のライブBlu-rayにバリアフリー字幕が付いた!
    ■今週の1本『アイスクリーム』
    ■発見!キラリ 新しいトビラを開くこと
    ■映像翻訳者がバリアフリーを学ぶ6つのメリット

    お問い合わせ

    資料請求はこちら